スポンサードリンク
スポンサードリンク

第2種電気工事士の資格

第2種電気工事士は、電気工事士法によって一定範囲の電気工作物について、電気工事の作業に従事する資格が定めら、電気工事の欠陥や災害防止のためにある資格となります。
この資格が必要になる、という工事は、一般用電気工作物の電気工事、最大電力500キロワット未満の需要設備の電気工事、これらに従事する場合、一般用電気工作物に対しては第1種、又は、第2種電気工事士の資格が必要になります。最大電力500キロワット未満の需要設備の電気工事には、第1種電気工事士の資格が必要になります。

電気工事士試験技能試験用工具セット(モンジュSHOP オリジナル) P-956セット  平成19年度第2種電気工事士技能試験向け練習用材料セット(器具)

第2種電気工事士の試験

第2種電気工事士の試験は筆記試験と技能試験が行われます。筆記試験については、免除制度があります。前年度に第2種電気工事士の筆記試験に合格してる方、高等学校や高等専門学校及び大学において、経済産業省令で定める電気工学の課程を修め卒業したもの。第1種、第2種又は、第3種電気主任技術者免状の取得者等、免除の対象となる方がいます。これらの方々は、免許申請時に必要書類を提出することで、筆記試験免除となります。前年度に筆記試験に合格している、という方については、この書類の提出がありません。
筆記試験は、電気に関する基礎理論、配電理論及び配線設計、電気機器や配線器具ならびに電気工事用の材料及び工具、電気工事の施行方法、配線図、一般用電気工作物の保安に関する法例について、マークシート方式で四肢択一方式によって行われます。
筆記試験合格した方、または筆記試験免除の方は、技能試験に進みます。技能試験では、実際に持参した自分の作業用工具によって、与えられた配膳図の問題を行って時間内に完成させる、というものになります。電線の接続、配線工事、電気機器及び配線器具の設置、電気機器・配線器具ならびに電気工事用の材料および工具の使用方法、コード及びキャプタイヤケーブルの取付け、接地工事、電流・電圧・電力及び電気抵抗の測定、一般用電気工作物の検査、一般用電気工作物の故障箇所の修理、などを実際に行う実技になります。

免状交付申請を忘れずに

この技能試験に合格しましたら、免状の交付申請を行うことになります。受かったから、といって免状が届く、ということでないので、しっかり覚えておきましょう。技能試験に合格したら、各都道府県知事に対して、第2種電気工事士免状交付申請というものを手数料と一緒に送ります。技能試験に合格した方には、この申請書類と説明書類が送られてきますので、しっかり申請を行うようにしていきましょう。

第2種電気工事士